14868円 回転座椅子 レバー式リクライニング ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り フラット アームチェア ヘッドサポート ハイバック MY-0334 インテリア・日用雑貨 座椅子 回転座椅子 レバー式リクライニング ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り アームチェア MY-0334 フラット ヘッドサポート ハイバック 直送商品 MY-0334,木肘,レバー式リクライニング,ヘッドサポート,回転座椅子,フラット,14868円,/aeromechanics402815.html,www.optic-horloge.be,ヘッドリクライニング,インテリア・日用雑貨 , 座椅子,ソフトレザー張り,ハイバック,アームチェア MY-0334,木肘,レバー式リクライニング,ヘッドサポート,回転座椅子,フラット,14868円,/aeromechanics402815.html,www.optic-horloge.be,ヘッドリクライニング,インテリア・日用雑貨 , 座椅子,ソフトレザー張り,ハイバック,アームチェア 14868円 回転座椅子 レバー式リクライニング ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り フラット アームチェア ヘッドサポート ハイバック MY-0334 インテリア・日用雑貨 座椅子 回転座椅子 レバー式リクライニング ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り アームチェア MY-0334 フラット ヘッドサポート ハイバック 直送商品

回転座椅子 レバー式リクライニング 輸入 ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り アームチェア MY-0334 フラット ヘッドサポート ハイバック 直送商品

回転座椅子 レバー式リクライニング ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り フラット アームチェア ヘッドサポート ハイバック MY-0334

14868円

回転座椅子 レバー式リクライニング ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り フラット アームチェア ヘッドサポート ハイバック MY-0334











商品の特徴
回転座椅子、ヘッドサポート座椅子

ヘッドが連動するリクライニング機能が特徴の座椅子。優雅なリラックスタイムにピッタリです。

座横のレバー操作で座ったまま簡単にリクライング可能。お好みの位置で止めることができるガスシリンダー式です。
背を倒すと同時にヘッド部分が起き上がる連動リクライニングなので、寝ながらのTV観賞などに最適です。

木製肘掛けについているカバーは取り外すこともできます。

薄くて安定感のあるドーナツ型回転盤で、360度回転できます。

張地はソフトレザー。
カラーはダークブラウン、ブラウンの2色よりお選びいただけます。

組立不要の完成品!

※回転盤で畳や床面を傷つける恐れがありますので、座椅子の下に敷物を敷くことを推奨しています。

※こちらの商品は日曜・祝日配達および配達時間指定不可となっております。ご指定頂きましてもお届けすることができかねますので予めご了承をお願い致します。

商品仕様
■サイズ/W61×D69~112×H30~75cm SH22cm
■張地/合成皮革(PU)
■材質/ポリエステル、ウレタン、スチール、天然木突板貼り合板(ラッカー塗装)、ポリプロピレン
■カラー/ダークブラウン、ブラウン
■機能/ヘッドリクライニング連動、ガスシリンダー無段階リクライニング、360度回転式、ハイバック
■完成品

注意事項


■掲載商品画像は撮影状態・PC環境などにより実物と色が異なって見える場合がございます。

■送料無料/北海道・沖縄・離島は別途お見積いたします。

■大口物件・大量発注等は条件に合わせて別途特別単価提出致します。

日・祝配送不可、時間指定不可。

代金引換不可。

【ヘッドサポート座椅子YS-S1495】MIYATAKE 宮武製作所 カグロー KAGURO kaguro

☆和風家具の取り扱いシーン・テイストは?
リビング ダイニング キッチン 家事室 寝室 私室 ホール 書斎 和室 畳 床の間 正座 法事 法要 集会 宴会 食事 お参り ホテル 旅館 料亭 お盆 冠婚葬祭 葬儀 座敷 宿泊施設 福祉施設 公民館 寺 寺院 仏前 仏間 和 シンプル ナチュラル カジュアル モダン レトロ シック クール おしゃれ なごみ 和み リラックス くつろぎ

回転座椅子 レバー式リクライニング ヘッドリクライニング 木肘 ソフトレザー張り フラット アームチェア ヘッドサポート ハイバック MY-0334

※予告なく日程などが変更される場合があります。WHOのウェブサイトなどで詳細な情報を入手してください 詳細を見る

健康を守り維持し、社会として共有する財 (Common Goods for Health : CGH 詳細を見る

2030年までに世界共通の手指衛生を実現するという世界目標を達成するためには、十分なレベルの資金が必 詳細を見る

WHOの歴史と経緯をご紹介します

WHOの活動や取組みをご紹介します

幅広い健康への取組みを行っています


TOP